あさごはんをたべよう
シルクステビア
最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

タグ

朝ご飯 パン レシピ バナナジュース サラダ 駅ナカスタイル 席アサスタイル ビュッフェ キウイ ホテル 店ナカスタイル 目玉焼き 蒸しパン 納豆 レシチン ひな祭り  リンクの方針 牛乳 ヨーグルト 果物 シュガートースト シナモンシュガー ツナ GW 野菜スープ トースト りんご テレビ リンゴ ビタミン クエン酸 カリウム ロールサンド 

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

あわせて読みたいブログパーツ ブログランキング
  • seo
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく噛んで食べることの大切さ
朝ごはんの話とはちょっとかけ離れてしまいますが、うちの1歳の娘が最近よく噛まないですりつぶしてごはんを食べているような感じなので、心配になって調べていたらよく噛んで食べることの大切さの記事を見つけました。

食事を噛む回数を調べた報告によると、戦前の食事時間の平均は22分で食べ終わるまでに1420回噛んでいたそうです。

ところが現代では、食事時間の平均は11分で噛む回数は620回。日本人は、戦前の半分の回数しか噛まなくなってきているのです。

戦前の食事は、純和風。麦などの雑穀やいも類、根菜類、高野豆腐などの乾物がよく食べられていました。これらの食事はよく噛まないと消化できないので、昔の人はあごをよく動かしていたのです。

噛むことによってどのようないいことがあるのでしょうか??

虫歯の予防!


食べ物を細かく噛み砕いて、消化酵素を含んだ、だ液と混ぜ合わせることによって「消化を助ける」のはもちろんですが、だ液がたくさん出ることによって「虫歯を予防」する効果も得られるそうです。

虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌によって起きますが、だ液には虫歯菌が作る酸を薄める働きがあるらしいです。

よく噛んでだ液がたくさん出る子どもには虫歯が起きにくい!!

<>h3食べ過ぎ予防!
 よく噛んで食べることによって満足感がわき、体にとって必要な量だけで満腹感がえられます。
早食いだと脳の満腹中枢から「お腹いっぱい!」という命令がくる前に必要以上に食べてしまいます。

また他にも、よく噛むことによって永久歯の並びがよくなったり、脳の活性化にもつながるそうです。

朝は時間がなくてついつい早食いになりがちだけど、時間をかけてよく噛んで食べれるようになると
いいなと思います。

また娘もしっかり噛んで食べてくれるようになるといいなぁ。




シュガートースト。
食パンにマーガリンを塗り、その上にグラニュー糖をかけて焼くだけ♪
娘もお気に入りの一品です。




ファッションリンク

シャネル ポーチ

スワロフスキー 携帯ストラップ

セリーヌ 財布

ダンヒル 時計

ツモリチサト 時計




お役立ちリンク

ソムリエ 試験
野菜ソムリエ 資格
法学検定試験 通信講座
色彩士検定
インテリアプランナー 試験
ITコーディネータ 資格
福祉情報技術コーディネーター
シックハウス診断士
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://exasagohan.blog24.fc2.com/tb.php/34-589d90d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。